本読み

本の感想や書評、本の案内ブログ、かつ自身の読書記録です。1980年生まれ/男

『脳を鍛えるには運動しかない!』

 

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (71件) を見る
 

運動は体に良いというのはよく聞きますが、本書によれば運動は頭にもいいのだそうです。頭も体の一部なのだから当然と言われれば当然ですが、言われるまでは気がつかないものです。本書を読んでも運動をしたくならない人は、相当な運動嫌いか本書の主張を信じない人でありましょうか。ちなみに僕は、本書を読み終える前から運動を再開していました。

運動をすると心臓からの血液やグルコースの量が増え、脳がベストの状態になり爽快感を感じるようになります。また、運動をすると脳のニューロンの枝が成長し、新しい芽が生まれ、脳の機能が強化されます。さらにセロトニンやノルアドレナリンやドーパミン(これらはニューロンにより作られる)などの神経伝達物質とその他の神経化学物質のバランスを保つ効果もありました。

また運動することは鬱病になることを防ぐ効果もありました。スポーツ選手に明るい人が多いのは、運動をしていることと関係があるのかもしれません。そして癌になるもっとも危険な要因は運動不足だそうです。このように本書では、運動をすることで得られるメリットがたくさん示されていて、どこかのタイミングで運動をしたくなってきます。

それで、どれくらいの運動がいいのかと言うと、やはり毎日やった方がいいとのことでした。毎日やるのが難しければ、週に2、3日、30分の運動でも効果があるそうです。 この運動は有酸素運動のことであって、早歩きでもいいとのことでした。有酸素運動に加え複雑な動きのある運動も効果的とありました。

今まで運動をさぼっていた自分を少し恨みましたが、運動の大切さに気づいたのはよかったし、実際に運動を始めたのはもっとよかったし、これを継続できれば、もっともっと、よいことでしょう。