読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本読みのはしくれ

本の感想や書評、本の案内ブログです。このブログは1980年生まれの男によって書かれています(受動態)。

『本気で変わりたい人の行動イノベーション』

自己啓発本

 

本気で変わりたい人の行動イノベーション

本気で変わりたい人の行動イノベーション

 

人間が変われないのは欲望がないからだという。心踊らせない欲望は行動へと繋がらない。当然、結果も出ない。だから、まずは欲望を定めるのが大事になる。

人は、「自分が本当にやりたいことならいくらでも頑張れる、続けられる、成長できる」という性質を持っています。

そしてその欲望から作られるビジョンを持つと行動に移せると続く。

「欲望」を洗いざらい挙げていく。そして、どんどんつなげていく。すると自然とビジョンが出来上がっていきます。     

 そしてその欲望を明らかにするための方法がセルフトーク。やるべきことは単純。「本当はどうしたい」と自分に質問をするだけ。これは、コーチングのマスタークエスチョン(究極の質問)と呼ばれるもの。上手く言っている人とそうでない人の違いは、自分と良いコミュニケーションを取っているかどうかの違いだと言う。これを意識して毎日行うことで、自分にとって本当にやりたいことが見えてくるそうだ。これが行動したいと思える答えであり、それが見つかれば自然に行動もできるのだ。

欲望を見つけるのは難しそうだけど、絶えず繰り返すことで見つかるという。コツは、続けざまに質問すること。例えば「それで?それで?具体的には?」と問い続けることである。こうすることで自分の本当の欲望が見えてくるという。しかも時間は50秒。そして、その欲望に基づいて何かしらの行動を起こす。時間は10秒。欲望に気づいた直後だからこそ、10秒でも何かしらのアクションが出来るのだという。
 
本書の帯には「たった1分でアドラー心理学を体験できる」と謳ってある。この1分なんて小さな変化しか期待できないと思うけれど、この小さな変化に気づくことが大事なんだと強調されていた。