読書記録

本の感想や書評、粗筋、引用などの読書記録。1980年生まれ。

『プロフェツショナルの条件』

 

 

本書を読むのは2度目だ。1度目に読んだときは全く心に響かなかったけれど、2度目の今回は心に響いた。1度目に読んだ時とは違う会社で働いているのが大きいと思う。今の会社の方がリアリティがある会社である。その前の会社は嘘みたいな会社であった。ドラッカーが見てもきっと驚いたことだろう。

印象に残ったことはこんなにもあった。

組織の目的は何か。組織が機能するためには何が必要か。知識労働者の定義。生産性向上のヒント。個々の労働者のマネジメントの重要性。成果を上げる重要性。人間の性質。仕事方法の改善。向上心や努力の重要性。重要なことへの集中。FBの必要性。時間管理術。無駄な仕事の排除。問題への理解。リーダーシップとは。自分にあった仕事とは。

一つ一つ展開していけば長くなりそうである。なのに、最初に読んだときには、何一つ印象に残らなかったのである。

ドラッガーによれば組織とは強みを生かし、弱みを無害にする道具だという。なので、多くの強みを持つ人間は、組織を必要とせず、独立を目指す。

組織に入れば自分の弱点をごまかすことができる。そして、組織で働く場合、自らが価値あると信じるところで働かなくてはならない。そうでないと、自分を疑い、自らを軽んじるようになる。

そして、まずは決めること。行うことを決めるのだ。効率を追求しても行うべきことを行っていなければ、無意味である。その後に、優先するべきこと、集中するべきことを決める。

そして、自らの強みを活かし、より賢く働く。知識労働者はマネジメントされない存在で、自らが自身のマネージャーなのだからとの指摘には励まされた。