本読み

本の感想や書評、本の案内ブログ、かつ自身の読書記録です。1980年生まれ/男

ラブホのおばちゃんの魅力:『ラブホテル裏物語』

 

ラブホテル裏物語―女性従業員が見た「密室の中の愛」 (文春文庫)

ラブホテル裏物語―女性従業員が見た「密室の中の愛」 (文春文庫)

 

ラブホテル勤務歴20年の著者が、実際にラブホテルで起こったことや聞いた話を語った本書。実際の作業場面や珍客、珍従業員、おかしな忘れ物などが語られていく。それはそれで面白いのだが、何よりも面白かったのは著者である。その著者をここではおばちゃんと呼ぶことにする。

このおばちゃん、好奇心旺盛なのだ。部屋の掃除に行っても、気になるものがあれば、正体を掴もうと頑張る。気になることがあれば仕事を理由に「しょうがねえなあ」という顔で、その辺をうろうろしてしまうのである。

まじかにあるホテルで男女がいちゃついているシーンを見かけたおばちゃん。カップルがおばちゃんに気づき手を振ると、おばちゃんは手を振り返す。おばちゃんはノリがいいのだ。

あるデリヘル嬢と懇意になったおばちゃん。人気がなく、何度もチェンジされてしまう彼女におばちゃんは言う。

「気落とさないで次がんばりなさいよ!」

おばちゃんは、冴えないデリヘル嬢にはっぱをかける優しさもあるのだ。

好奇心旺盛、ノリ良し、優しさ、と三拍子揃ったおばちゃんが素敵な本だ。