本読み

読書記録。1980年生まれ/男

面白いブログ『うける日記』と、教養の勧め:『語彙力こそが教養である』

『夢をかなえるぞう』や『LOVE理論』『それでも僕は夢を見る』の作者の水野敬也。好きな作家の一人で、彼の著作はこのブログでも紹介をしてきた。彼の本も素晴らしいが、彼のブログもまた素晴らしい。ブログ名どおり、まさにうける日記となっている。それにしても、このブログタイトルはあっぱれである。自分で自分のことを面白いと確信していなくてはつけられないと思う。

ameblo.jp

 

最新ブログエントリーでは、齋藤孝の『語彙力こそが教養である』をテンミリオン売りたいとおっしゃっている。1000万である。そして、読者には手伝ってほしいとあったので、非力ながら書いてみようと思った。

語彙力こそが教養である (角川新書)

語彙力こそが教養である (角川新書)

 

 すでに10万部売れているという本書。冒頭、「言葉は身の文」だといい、使う言葉によってその人の人格や品位が曝されてしまうと警告する。そして、どのようにして教養を身につけていくのかが語られていき、その過程で著者の教養が十分に伝わってくる。本からも、映画からも、テレビからも、人生経験からも学び、それが彼の語彙、つまり教養をたくましくしていた。良い本の紹介もあり、もっと本を読まなきゃと思わせてくれた。

そして、最新エントリーで写真が絶賛されていた齋藤の本がこちら。

「できる人」の極意!

「できる人」の極意!

 

本当に素敵な写真である。落ちこんでいる時に見たら元気になれそうな写真コレクションに加えたい。

その『うける日記』は書籍化されている。 

ウケる日記

ウケる日記