読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本読みのはしくれ

本の感想や書評、本の案内ブログです。このブログは1980年生まれの男によって書かれています(受動態)。

スタンフォード白熱教室

テレビ番組・映画レビュー

 

NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]

NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]

 

この番組はNHKで先週まで8回に渡って放送されていた。スタンフォード大学の講義の録画である。講義は、企業家を目指す生徒向けである。一言で言うと、創造性を開発するのである。創造性は教えられるものではないと思われているが、講師のティナ・シーリグは教えられると考えている。講義は対話形式で生徒は皆積極的である。グループワークもあり実に楽しそうだ。ティナ・シーリグの『20歳のときに知っておきたかったこと』も読んだけど、実際の講義の方がいい。

ある回では、プレゼンの見本としてを生徒にビデオを見せていた。3つのプレゼンがありそのうちの最後のものが素晴らしかった。これは、同じくスタンフォードの生徒が昔に作ったものである。「輪ゴムを使って出来るだけ付加価値をつけろ」という指令の元に、グループごとにビデオでプレゼンを行うのだ。その中の一つが感動物であった。 

そのグループは、a wishing treeというアイデアの元に、願い事を書いた紙をゴムでスタンフォードの木に貼り付けるというものを考えたがうまくいかなかった。それを編集したものが素晴らしいのだ。編集の勝利である。背景の音楽が素晴らしい。プレゼンに感動したのか、この音楽に感動したのか分からないくらいである。そして、テロップのコメントもいい。

「失敗は、早く、そして速いほうがいい」
「でっかいアイデアよやってこい」
「失敗、万歳」

などと、どれもかっこいいのだ。ユーチューブで動画を見つけた。残念なことは、音声なしであることだ。音声がないと、まったく感動しないと思う。やはり、音楽の勝利だ。

何とかして背後の音楽の曲が知りたいと思っていたらあっさり見つけることが出来た。Matchbox Twenty というバンドの「Black and white people」という曲であった。日本では有名ではないけど、世界的には有名らしい。アルバムも4000万枚くらい売れている。