本読み

本の感想や書評、本の案内ブログ、かつ自身の読書記録です。1980年生まれ/男

快適に起きるために:「朝5時起きが習慣になる5時間快眠法」

 

朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門

朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門

 

僕は目覚めが悪い。気持ち良く起きることができたらどんなにいいだろうと思うけど、実際に起きる時はいつだって死にそうなくらいに眠い。その死にそうな状況を緩和できたらいいなと思い本書を手にとってみた。

続きを読む

議論の基礎を知る:『「超」入門!論理トレーニング』

 

「超」入門!論理トレーニング (ちくま新書)

「超」入門!論理トレーニング (ちくま新書)

 

近代化は西洋化であり、西洋化は英語化である。日本も明治維新により近代化を果たしたが、英語が日本語にとって代わることはなく、英語に備わる論理を受け継ぐこともなかった。結果、日本人は論理的な思考が苦手となり、日本人のディベート下手は耳にするところである。

続きを読む

今更!?「SEKAI NO OWARI」の「Hey Ho」、「Dragon night」

流行の音楽には疎くて、どんな音楽が流行っているのかなんて知らない。若い頃はそれなりに流行の音楽を聞いていたけど、今ではほとんど聞かなくなってしまった。しかし、年末にたまたまレコード大賞を見ていたら出会ってしまったのだ。素晴らしいアーティストに。今更このバンドで騒いでいるのは自分くらいなものであろう。

続きを読む

人類の宇宙に対する考察の歴史:『すごい宇宙講義』

 

すごい宇宙講義

すごい宇宙講義

 

人類がいかに宇宙を知ろうとしてきたかのを描いた本書。その過程で科学的な考え方を感じて欲しいというのが著者の狙いである。本書は一般の方に向けた講義を書籍化したもので、数式はほとんどなく、多くのイラストがありイメージを持ちやすいつくりになっている。

続きを読む

『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』

 

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

 

本書は2007年に名古屋で起きた闇サイト殺人事件を描く大崎善生によるノンフィクションである。著者自身、これが5冊目のノンフィクションであるが、本ブログではその全て紹介してきた。そのどれもが感動的であり一気にファンになってしまったのだ。もちろん今回もその期待を裏切らない。

続きを読む

股関節を柔らかくするために:『お相撲さんの”腰割り”トレーニングに隠されたすごい秘密』

 

お相撲さんの“腰割り”トレーニングに隠されたすごい秘密 (じっぴコンパクト新書 053)

お相撲さんの“腰割り”トレーニングに隠されたすごい秘密 (じっぴコンパクト新書 053)

 

書名の腰割りとは、立ったまま股関節を開き、膝を曲げ腰を上げ下げする動作のことである。お相撲さんの四股を踏む前の動作であり、イチローが準備体操で行う動作でもある。

続きを読む

ストア派哲学:『人生談義』

 

人生談義〈上〉 (岩波文庫)

人生談義〈上〉 (岩波文庫)

 

  

人生談義〈下〉 (岩波文庫)

人生談義〈下〉 (岩波文庫)

 

 多くの哲学者を輩出した古代ギリシャ。ソクラテスやプラトン、マルクス・アウレリウスほど有名ではないが、本書のエピクテートスもその一人だ。ソクラテス同様、彼自身は書物を書いていなくて、内容は彼の弟子が彼の言葉をメモしたものを再現したものである。

続きを読む