読書記録

本の感想や書評、粗筋、引用などの読書記録。1980年生まれ。

『フランス人は10着しか服を持たない』

 

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

 

書店や広告でよく目にする本でついに手を取ってしまいました。心理学でいうところの何とか効果というやつでしょうか。女性をターゲットにしている本な気もするけれど、そこは気にしません。

続きを読む

『定年後に読みたい100冊』

 

文庫 定年後に読みたい文庫100冊 (草思社文庫)

文庫 定年後に読みたい文庫100冊 (草思社文庫)

 

書評集を読んでも読みたい本が増えるだけだから、本書はずっと読まないでいた。ましてや好きな作家の書評集である。しかし、読みたい本が増えてもいいかという気持ちで読み始めた。案の定、読みたい本は増えた。

続きを読む

再読:『人生がときめく片づけの魔法』『人生がときめく片づけの魔法2』

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

 

 

二つの魔法本を再読してみた。しかも1巻の方はこのブログで一度レビューもしている。しかし、それでも書く。

続きを読む

不幸は幸福への布石:高須光聖のTEDtalk

 


笑いと快感 | 高須 光聖 | TEDxTokyo

 

今日は本ではなく、動画の紹介。

続きを読む

三読:『そして私は一人になった』

 

そして私は一人になった (角川文庫)

そして私は一人になった (角川文庫)

 

本書は作家山本文緒が、離婚した後の一人暮らしの様子を綴る日記エッセイだ。以前にも読んだことがあるので、これで2度目である。

続きを読む

再読:『ワセダ三畳青春記』

 

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)

 

大好きな本書を6年ぶりに再読してみた。この本を面白いと思える感性が失われていなかったのは幸いだ。初めて読んだ時以上に楽しめたような気がした。

続きを読む

『日本のしきたり・年中行事』

大人の常識 日本のしきたり・年中行事 (中経の文庫)

大人の常識 日本のしきたり・年中行事 (中経の文庫)

 

本書では日本のしきたりや行事の起源について解説をしています。正月やバレンタインデー、ひな祭り、クリスマス、お盆、ハローウィンなどの有名な行事やしきたりから、それほど有名でないものの行事やしきたりの正しい行い方や由来などを知ることができます。

続きを読む